中国工学院の譚建栄院士は利元亨の招待を受けて、利元亨の首席技術の顧問になります

ポストタイム: 2018/06/11 09:11:23
クリック: 252

2018年6月10日、恵州市の委員会、区委員会にいる指導(者)は目撃証言しておりて、中国の機械的な工事の領域の有名な専門家の譚建栄院士(中国工学院の院士、浙江大学の求是の学者の特別招聘の教授、国家の973プロジェクトの首席の科学者)と利元亨会社は正式に“首席技術の顧問”を締結して合意を任命します。譚院士は指導(者)利元亨研究開発チームを、全世界のハイエンドの知能とセットで企業を製造して競争を装備します!

20180611001.jpg

 ▲調印式


 恵州市の委員会の常務委員と統一戦線工作部の部長の王開洲同志、恵州市は局の党委員会書記と局長の呉欣同志、恵みの市街区域の区委員会の書記の林利育同志、恵みの市街区域の常務委員とチームの部長の葉淑斌を組織する同志、恵みの市街区域科労働者手紙局の局長の曹毅鵬同志などの重要政府が利元亨会社と譚建栄院士のを出席して目撃証言して調印式に招聘を引き受けるのを指導するのを信じるを通じて(通って)。

20180611002.jpg

▲恵州市の委員会の常務委員と統一戦線工作部の部長の王開洲同志


20180611003.jpg

▲恵州市は手紙局の党委員会書記と局長の呉欣同志を通じて(通って)


20180611004.jpg

▲恵州市恵城域区委員会の書記の林利育同志


20180611005.jpg


▲は招聘状を公布します


 利元亨会社の周俊雄理事長は譚建栄院士のが加盟するのに対して熱烈な歓迎を表して、そして――“杭州まで話が及んだのが傑物が出て土地が有名になる場所は、、特に優秀なるものの集まる浙江大学に集まるエリートがある西湖、側があるのです!その中は更にそこで業に惑い、を解きを学術講演をする技術(芸)を伝授する授ける工事学術界のただ牛耳を執る譚院士があって、徳望が高いです;恵州は1羽のハクチョウの集まる場所で、西湖もあって、側に、職人精神に送別会をする家の専念する知能製造があって、振興民族の工業の装備技術を自分の務めの企業にします――利元亨会社。本日以降譚院士は先導隊の利元亨のコア技術の研究開発チームを!そのため人材の構造はすでに決めて、方向が更に明確だ、位置付けが更に能動的だ、資源が更に集まる。譚院士はすでに長い大口を研究するのをセットでオーダー制設計、工事の過渡状態、数字の原型機の集めてなるシミュレーション、複雑な装備の多い部品の関連、各方面に装備して多変量のマッチングする分析などの特定項目の優位技術と方法と利元亨会社の知能とセットで集めてなる技術を装備して深さを行って解け合いを配置することができます;協力でまた(まだ)オーバドクター研究生のワークステーションと院士のワークステーションを創立することができます。このように非常によい情勢、このように強大な駆動、利元亨きっと厳しい市場競争の中で持続的に強大な発展、穏健で秩序があるを争って世界の工業でグループを製造して、頭角をあらわします、事必ず大成。”


譚建栄院士は、恵州でこの広東・香港・マカオの大湾区が一つの利元亨を懐胎してこのようなが10数年集中して知能セットで装備する企業をする容易ではない;利元亨に対してハイエンドの知能セットの装備の領域の得た成果が高さを表して認可をほめたたえると、同時に利元亨が院士の理念、院士研究開発チームを導入して院士の研究開発の成果がまだありを励まします;双方はよく協力して、と表します、院士のワークステーションを創立して、利元亨に協力して発展します!

20180611006.jpg

20180611007.jpg

20180611008.jpg

▲譚院士と恵州市街区政府の関連幹部と利元亨会社の責任者はいっしょに写真を撮ります


譚建栄院士の簡単な紹介


20180611009.jpg

▲中国工学院の譚建栄院士


譚建栄院士は浙江大学の“求是の学者”の特別招聘の教授、博士課程学生の指導教官、機械工学の学部主任です;我が国の機械の工事の領域の有名な専門家で、1994年に国家の傑出している青年の科学の基金、2007年当選為中国工学院の院士を獲得します。譚院士は主に機械設計とデジタル化の製造の方面の研究に従事して、大量がと互いに結合する大口を注文して作らせて設計を注文して作らせるのを出して、工事の過渡状態、ぼんやりしている状態、無作為の状態のモデリングと数字の原型機の集めてなるシミュレーション、数値といくらの互いに結合する複雑な装備の多い部品の関連、各方面は多変量の整合の分析などの技術の方法を配置してと、国家の科学技術の進歩賞の2等賞の2項を得て、国家の優秀な教育の成果の一等賞、2等賞の各1項、省、部級の科学技術の進歩の1等賞の6項を得ます;出す技術をソフトウェア中で個体化して、コンピュータのソフトウェアの著作権の12項を開発して獲得して、いくつかの製造の企業でみごとな応用を得ます;専門書を出版してあるいは8冊編纂して、142篇の論文はSCI/EI検索に。