利元亨は2018“一帯一路”の国際トップ会議に出席するのをシーメンスに特に招請させられて、“一帯一路”の経済建設に協力します

ポストタイム: 2018/06/08 20:20:29
クリック: 343

“一帯一路”は“シルクロードの経済が持つ”と“21世紀の海上のシルクロード”の略称です。我が国のアグレッシブは対外貿易の通路を開けて、その目的は中国が周辺国家と互いに統合するのを実現するので、共に発展する政策。


受けてその通りにして“、平和に協力で開放が収容して、互いに互いに映して、相互に利益があり共に勝ちを学ぶ”を核心シルク・ロード精神にして、“一帯一路”はすでに全面的に開いたのを呼びかけて、世界はグローバル化の新しい長い旅路に入っていきます。利元亨は積極的に“一帯一路”の提案に応えて、この提案をかたく信じるのは未来のグローバル化の重要なの力を推進するので、世界市場のために巨大なビジネスチャンスを創造するでしょう。そのグローバル化の配置に頼る、リードする科学技術の実力、全面的な製品が強大な中国産業基地を組み合わせるおよび、利元亨は絶えず努力するを通じて(通って)、“一帯一路”のために力に貢献して、手を携える取引先は共に成功に向かいます。


微信图片_20180608202433.jpg


協力して、同じ心で送るのが遠いです!シーメンスの組織した“2018“一帯一路”の国際トップ会議は”は6月6日に北京のスタートにあります。とても光栄なのは利元亨がシーメンスを受けて特に招請するので、講演の賓客を特に招請するとして2018“一帯一路”の国際トップ会議に出席します;その時、利元亨研究院の院長の杜義賢博士は《利元亨の知能が助力の“一帯一路”を装備する》のテーマを発表するのを講演します。


ひとつのとして亜、ヨーロッパ、広大ではない地区の経済協力の通り道の巨大な計画を通じさせるのを目指して、聯通たくさんの国家、この項を完成して大きくて計画を立てて、“一帯一路”はきっとたくさんの中国企業の“歩いて出て行く”を動かします。


中国のたくさんの企業にとって、この時正に時機・地の利・人の和“歩いて出て行く”のとてもすばらしいきっかけに順応するです。利元亨は1つの全世界の企業として、いままでずっと国際市場を重視して、“一帯一路”の政策の前にすでに積極的に海外市場を開拓して、すでに米国、カナダ、イギリス、ドイツ、トルコ、インド、ベトナムなどTOP5の取引先のために高い効率の優良品質の製品とサービスを提供しました。相前後してスイス、ドイツ、米国などで事務所を設立して、もっと良く海外市場の開拓を行うで、相前後してカナダBMWエンジンを受けて丁番の組立ライン、イギリスのスペーシング器の自動組み立てライン、ドイツScaniaローリングの生産ラインとインドのスピーカーの組み立てラインなどのプロジェクトをかぶせます。利元亨は国家戦略の東風に助けを借りていて、‘一帯一路’の建設のために力に貢献します。


未来、利元亨は絶えず自身の実力を強めて、品質を堅持するのは企業の生命線で、“取引先の至上で、刻苦奮闘して、明徳の格物は、自分の達人になる”の価値観を堅持して、“協力で、開放、共に勝つ”の原則を受けてその通りにして、“一帯一路”の建設を促進して、一帯一路の沿線国家のために中国の方案と中国の知恵を持ってきて、“一帯一路”のために建設して利元亨の力に貢献します!